プロミスのカードローン審査で気を付けたいこと

プロミスのカードローンを申し込む時に気を付けたいことをは以下の点です。

年収の3分の1を超える借り入れをしようとしていないか

同時に他社からの借り入れをしようとしていないか

必要な書類は用意されているか

安定的な収入はあるか

年収の3分の1を超える借り入れをしようとしていないか

プロミスは貸金業法に定めるところの「貸金業者」に当たります。

貸金業法により、貸金業者は借り入れ者の年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないよう制限されています。

もしもこの法律に違反して貸付を行ってしまった場合、貸した側が罰せられてしまいます。

ですので、年収の3分の1を超える借り入れを貸金業者からしていないかどうかを申し込みの前に確認しておきましょう。

ちなみに、この規制の対象となるのはあくまで「貸金業者」に限るため、銀行のカードローンなどはこの規制の対象とはなりません。

貸金業者に該当するのはプロミスに代表されるような消費者金融、クレジット会社、信販会社の三種類です。

銀行は銀行法で規制されるためにこの限りではありません。

同時に他社からの借り入れをしようとしていないか

やってしまいがちなミスですね。

審査に落ちるから複数申し込もうとするのは消費者金融のカードローンを申し込む際に絶対にやってはいけないことです。

理由は前項で説明したことに関連します。

もし年収400万円の人が4社にそれぞれ50万の借り入れ申し込みをしたとします。

一社ずつでは年収の3分の1ですが、合計すると200万になり年収の3分の1を大幅に超えてしまいます。

そうするとどうなるかというと、4社すべてが処分されます。

消費者金融側からすれば絶対に避けたい事態です。

ですので、プロミス側は貸す前に情報信用機関と呼ばれる期間を通じて他社に同時に申し込みがされていないかをチェックします。

同時に複数の業者に借り入れを申し込むことは非常に悪質な行為とされており、その行為自体が情報信用機関に情報として残ってしまうため、以降消費者金融を利用できなくなる可能性がありますので注意しましょう。

必要な書類は用意されているか
安定的な収入はあるか

額の問題もあるのですが、定期的に収入があるかどうかが審査のポイントになってきます。

今月100万、来月0円よりも、毎月20万円の収入がある方のほうが貸し倒れのリスクが低いと言えるからです。

プロミスのカードローン審査 通過する人・しない人

ある意味最大の関心ごとはこの部分かも知れませんね。

まず絶対にカードローンの審査に通過しない人は下記にあてはまる人です。

  • 既に年収の3分の1を超える借入を貸金業者からしている
  • 同時に複数の貸金業者に申し込みをしてしまった
  • 安定的な収入がない
  • 虚偽の申告をした

上記のいづれかに当てはまる人は審査に通過しないと考えてください。

主婦の方でもパートなどで安定した収入のある方はプロミスのカードローンを利用することができますが、専業主婦の方で安定した収入のない方は基本的に審査に通過しません。

フリーターや派遣社員の方でも、安定した収入がある場合は審査に通過する確率は高いと言えます。

次に審査に通過しない可能性の高い人にあてはまる人です。

  • 年収が200万に満たない
  • 収入が安定しない
  • 過去に返済の遅滞などがある
  • 過去に貸金業者側から見た違反行為をしている
  • 過去に自己破産などの法定手続きを行っている

上記は必ず審査に通過しないという訳ではありませんが、審査に通過しにくいと言えます。

基本的には返済の可能性が低い場合にはお金を貸せないということですね。

注意したいのが収入が安定しない場合と過去に賃金業者側から見た違反行為をしているという点ですね。

収入の額そのもの以上に、収入の安定性が重要視されると思った方が無難です。

また、上記の複数の消費者金融機関に同時に申し込むなどの行為をした方は、それが情報信用機関にしっかりと登録されますので審査に通過しない可能性が高いと言えます。

逆にカードローンの審査に通過しやすい人は

  • 収入が安定している
  • 年収が400万円を超えている
  • 過去に違反行為などをしていない

と言った条件を満たしている人と言えます。

基本的に返済の可能性が高い人は審査の通過率も高いと言えるでしょう。

即日カードローンが魅力!プロミスの「瞬フリ」ってなに?

お金を今すぐ借りたい!

そんな特に大変助かるのがプロミスの「瞬フリ」というシステムです。

プロミスの「瞬フリ」なら24時間いつでもどこでもお金が借りられます。

パソコンやスマートフォンなどの端末をお持ちなら最短10秒で文字通り一瞬で口座への振り込みが完了してしまう夢のようなシステム。

利用の手順も非常に簡単で、まずは会員登録を済ませ、IDやパスワードを取得しましょう。

次に、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を用意します。

あらかじめこれらの銀行に口座をもっておくとよいですね。

そして必要な手続きはこれだけです。

驚くほど簡単!

後は会員サービスのメニューから「瞬フリ(振り込みキャッシング)」をクリックして、借入金額を限度内で入力すればいいだけ。

上記2つの銀行口座なら最短10秒で振り込みが完了します。

上記以外の銀行ですと、14:50以降の受付ですと翌営業日付の振り込みとなるので注意しましょう。

それでも十分に早いんですけどね。

瞬フリの特徴

瞬フリの特徴としては、

・手数料無料(プロミスが負担)

・インターネットもしくはサービスプラザ(店頭窓口)で申し込める

といったものがあります。

先述したように24時間受け付けているのですが、三井住友銀行では毎週日曜日21:00~月曜7:00までの時間帯と元日はサービス停止をしている点には注意しましょう。

ジャパンネット銀行も毎週月曜日0:00~7:00時までの間および元日はサービスが停止しているためこちらも注意しましょう。

上記の時間帯を除けばいつでも利用できる点に大きな魅力がありますが、どこでも利用できる点も大きな特長です。

プロミスのカードがあれば時間外でもコンビニのATMや金融機関のATM、プロミスのATMから借り入れをすることができますが、少々面倒くさいことを除いても、お金を借りている姿を見られたくない人もいると思います。

見た目はATMから普通にお金を引き出しているのと変わらないので、気にする必要はないのですが、やはり後ろめたい気持ちでお金を借りたくはないものです。

瞬フリの注意点

24時間好きな時間に借り入れのできる「瞬フリ」の注意点として、契約当日に利用したいばあいプロミスの運営上の理由で口座登録手続きは22時までとなっていることが挙げられます。

借りるのが22時以降だとしても口座登録だけは22時までに済ませておかないといけない点には注意をしておきましょう。

プロミスで借り入れるのに必要な書類を用意しておこう!

プロミスの魅力は何といっても「瞬フリ」をはじめとした即日融資にあると言えます。

ただ、手続きを円滑に進めるためにも必要な書類をあらかじめ用意しておきたいものです。

プロミスで借り入れをする際に必ず必要になるのが「本人確認書類」

必要になるかもしれないのが「収入証明書」になります。

本人確認書類

本人確認書類として最も優先されるのが「運転免許証」です。

なければ「健康保険証」か「パスポート」を用意しておきましょう。

外国籍の方は「在留カード」か「特別永住者証明書」も必要になります。

*もし上記に記載してある自宅住所と現在住んでいる住所が異なる場合は以下の書類が必要になります。

・国税もしくは地方税の領収書

・納税証明書

・社会保険料の領収書

・公共料金(デンキ・ガス・スイドウ)の領収書

・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

収入証明書

こちらは「借入額が50万を超える」もしくは「他社との借入額が100万を超える」場合に必要になります。

総量規制と言って年収の3分の1以上の貸付はできないので上記の基準を超える場合には収入証明書が必要になってきます。

収入証明書は以下に該当する書類になります。

・源泉徴収票

・確定申告書

・給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書) *賞与がない場合直近2か月分の給与明細のみになります。

自動契約機操作の流れ

実際に自動契約機で申し込む場合は以下のような流れになります。

1:自動契約機ブースに備え付けてある「申込書」に必要事項を記載

2:「新規お申込み」か「現在申し込み手続き中。または既に当社の取引あり」という2つの選択肢から該当するものを選びます。事前にインターネットで申し込みを済ませている場合は後者を選びます。

3:氏名や生年月日などを入力します

4:本人確認書類と先ほど記入した申込書を指示に従ってスキャンします

5:本審査を待ちます

この際申込書に不備があったりすると備え付けのコールよりオペレーターから不明点を質問されます。

6:審査結果と「利用限度額」が表示され、契約書が印刷されます。

7:カードの暗証番号を入力します

8:カードが発行されます

以降お近くのATMで借り入れが可能になります。

審査を円滑に進めるためにもあらかじめホームページから申し込みを済ませておくのが良いですね。

プロミスのカードローンの金利はどれくらい? どうやって決まるの?

プロミスのカードローン借り入れでの利息の計算方法は以下のようになります。

利息=利用金額×借入利率÷365×利用日数

上記の表だとイメージがわかないと思いますので、10万円を30日間借りた場合の利息を計算してみましょう(金利は最大の17.8%)とします。

この場合

利用金額=100000

借入利率=17.8%

利用日数=30日

なので、

10000×0.178÷365×30

となりますので、利息は

1463円となります。

早く返せば利息は少なくなる、利用日数の分だけ返済できる日数計算方式なのは大きな魅力だと言えるのではないでしょうか?

借入利率

消費者金融のカードローンを利用する際には借入利率を重視したいものです。

プロミスの借り入れ利率は4.5%~17.8%になっています。

これだけだと高いのか低いのか判断が難しいと思うので、消費者金融大手3社の金利比較表を記載したいと思います。

 

プロミス 4.5~17.8%
アイフル 4.5~18.0%
アコム 4.7~18.0%

御覧の通りプロミスは消費者金融大手3社の中で最も低い借入利率で借り入れのできる消費者金融だと言えるでしょう。

借入利率はどうやって決まる?

上記の表を見ると、アイフルの借入利率は4.5~17.8%と比較的幅があるのがわかると思います。

そこで気になるのがどうやって借入利率が決まっているのかという点です。

その答えは一言でいうと「信用度」の高さになります。

だいぶ曖昧な答えになってしまいましたが、以下の表を御覧いただきたいと思います。

 

借入限度額 借入利率
1万円~100万円 4.5%~17.8%
100万~500万円 4.5%~15.0%

借入限度額が上がると上限の借入利率が下がっているのがわかると思います。

消費者金融のみならず、銀行系を含めたカードローンの申し込みの際には、さまざまな項目からなる与信スコアリングなる点数付けが行われます。

例えば専業主婦よりも公務員のほうが、賃貸に住んでいる人より持ち家のほうが、より資金回収の可能性が高いという判断がはたらきます。

借入限度額が高く設定できるということは、それだけ信用度が高いという判断が下されているため、借入利率が低くても回収の可能性が高いと判断される訳です。

仮に借入額が500万円ならば、年収は1500万円以上となります。

それだけの金額を安定して稼いでいる人の信用度は基本的には高いですよね?

また、社会的な面だけでなく、何度もカードローンの借り入れを行い遅滞なく返済するなどの方法でもスコアリングを上げることができます。

要は、貸付をする側からよい顧客だと思われることが借入金利を下げるために重要だということですね。

即日融資!カードローンならプロミスの評判や口コミまとめ情報局!

プロミスの評判

実際にプロミスを利用した人の評判をみてみましょう。

利用時は保険会社の営業事務。年収は280万円。当初は借入限度額30万円だったので,限度額いっぱいの30万円を借入ていました。1年後限度額が50万円になり、数ヶ月で限度額いっぱいの50万円を借入するようになりました。毎月、利息を支払うのが精一杯で限度額いっぱいの借入をしているのが現在の状況です。

社会人になって1年目で、普段利用していた車がオイル漏れするようになり修理か買い替えを考えなければならない状況になりました。しかし、当時、実家から離れ一人暮らしを始めたばかりで蓄えもありません。勤めていた会社は保険会社で、事務仕事が2割、保険営業が8割と、お客さまに会いに行くことが多い仕事でした。会いに行くための手段は、会社の車ではなく自分の車を使っていました。そのため、どうしても車は仕事を続けるために必要でした。実家の両親に頼り修理をすることを考えていましたが、もともとが中古車だったこともあり、かなり古くなっていたので今後の維持費を考えた結果、買い替えを決めました。しかし、両親は、既に年金暮らしで、実家には更に年老いた祖母がおり、介護にお金がかかるようになっていたので、修理費以上の金額、つまり車を買い替えるほどの援助は望めませんでした。結局、ディーラーの担当者にすすめられるがままに、マイカーローンを利用して購入することを決めました。しかし、月々30,000円のローン返済は、すぐに生活を圧迫するようになりました。早く返済をしたいと借入期間を短くしたのも原因でした。月々の手取りは約14万円。家賃光熱費約6万円。更に、携帯電話代金に約1万円利用すると残りは食費を賄うだけでギリギリの状況です。当然、社会人になって仕事上の付き合いが増えたこともあり、それ以外の出費も増えていきました。両親に頼ることもできず悩んだ結果、借入を行うことを決めました。

借入を行うのは、マイカーローン以外では初めてのことでした。マイカーローンは給与を受け取っていた地方銀行を利用しましたが、マイカーローンの返済を含めた毎月不足する資金を賄うために、同じ銀行に借入を申し込むのは抵抗がありました。マイカーローンの利用が初めてだったこともあり、借入を相談しただけで、怪しまれマイカーローンの一括返済を迫られるのでは、という根拠のない不安があったためです。そのため、借入は銀行ではなく消費者金融を利用することに決めました。プロミスを選んだのは、子供のころからテレビCMされていたので、親しみと安心感があったからです。子供のころからCMしているということは、悪い会社ではないだろうという単純な考えもありました。もちろん、初めての借入だったので、自分でインターネットの口コミサイトを利用するなどして1週間以上かけて調べました。特に、周囲に借入していることをバレたくないという思いが強かったので、会社や実家への連絡があるのか。借入方法は多様に用意されているか。郵便物はくるのか。などを中心に調べました。その結果。大手で安心でき、手続きも簡単にでき、尚且つ周囲にバレないようにいろいろな手続き手段が用意されていたプロミスを利用することに決めました。

借入の申し込みは、スマートフォンからプロミスのホームページで行いました。朝一番に仕事に行く前に申込み、連絡先は携帯電話を指定しました。その後、10時頃に携帯電話に連絡がありました。担当者は男性でしたが、応対も丁寧で安心したのを覚えています。申込みにあたり、いくつか確認をしたいとの電話でしたが、仕事中であることを伝えると、再度時間をおいて電話をいただけることになりました。こちらの都合に合わせ柔軟に対応していただけたので、助かりました。その後、12時頃に再度電話をいただき、住所や氏名、勤務先や勤続年数、現在の収入等を口頭で確認されました。全て答えた後、仮審査をするにあたって個人情報取得の同意を求められた後、そのまま電話で仮審査通過の回答をいただきました。早く、借入したかったので、その日の仕事帰りに職場から一番遠い自動契約機まで行き借入の手続きを行いました。仮審査は通っていましたが、自動契約機の前に座ってから約90分ほど手続きに時間がかかりました。書類に記入し本人であることを確認できる書類を呈示するだけでしたが、かなり長く感じました。その後、その場でカードを発行してもらい備え付けのキャッシュコーナーで借入を行って帰りました。多少時間はかかった印象ですが対応も丁寧で、お金の心配がなくなったのでほっとしました。その後も、近くのコンビニに備え付けてあるATMを利用して返済や借入ができるので、気軽に何度も利用しました。ほとんどのコンビニATMで利用できるのは便利でしたが、手数料がかかるのが難点でした。けれど、プロミスの専用ATMを利用して周囲にバレるのを恐れて、利用はコンビニをメインに利用していました。その後、約1年ほどで限度額を50万円に増やしてもらい、現在に至るまで便利に利用しています。手続きの対応や増額のタイミングのはやさ、そして借入方法が多く用意されていることを考えると総合的にバランスのよいローンだと思います。

1. 氏名(ハンドネーム可能)・住んでいる地域(都道府県・市町村レベル)

ロンロン 東京都中野区

2. 年齢・職業・年収

34歳・会社員・300万

3. ご利用されたカードローン

プロミス

4. その会社を選んだ理由

イメージがよかったらからです。プロミスさんのCMはよく見かけますし、他のところのCMもよく目にしますが、内容的に一番好きです。
ふたりの男性フォークデュオが、売れる為に健気に頑張っている姿には共感を覚えました。

5. カードローンを利用しようと思ったきっかけをできるだけ詳しくご記載下さい

知人の結婚式が続いた時期がありまして、その際お金が足りなくりました。
貯金もほとんどありませんでしたし、もうすぐ年末でまた飲み会やらなにやらで、お金が入り用な時期だったこともあり、
お金を借りようかな、と決めました。
できれば安心できそうな大手さんがいいと思い、それならよく目にしたり耳にするプロミスさんにしよう、と思いました。
それまで消費者金融は利用したことがなく、少しこわいイメージももっていたんですが、申し込みしてみると全く問題ありませんでした。

6. 申し込む際に提出した書類

運転免許証

7. 実際に借り入れるまでの手続きを含めた流れをできるだけ詳しくお願いします

私はインターネットで申し込みをしたのですが、最初に3秒審査があって、必要事項を記入し、審査結果の連絡を待ちました。
早いと30分位で審査結果がわかる方もいる様ですが、私の場合は1時間位で連絡がきました。
審査の結果はOKで限度額50万で契約、振り込みによる即日融資が可能ということでしたので、
すぐに振り込みをお願いしました。

8. 返済の手続きを含めた流れをできるだけ詳しくご記載下さい

ボーナスが出たら一括返済しようかとも思ったんですが、無難に毎月の銀行口座から引き落としでの返済にしました。
この方法だと毎月自動で返済できるので、仕事で忙しいときなどでも返済し忘れることがなく便利です。

プロミスのメリットデメリット

何事にもメリットとデメリットがありますよね?

実際にプロミスを利用するメリットやデメリットとは何なのでしょうか?

メリットから見てみましょう。

プロミスのメリット

プロミスのメリイトを挙げると、

最短即日融資に対応している
月々の返済の負担が小さい
限度額内で繰り返し使える
土日祝日も対応している
手続きが簡単

といったものがあるでしょう。細かい点を挙げればもっと出てきますが、大きな部分ではこのようになっています。

特に「即日融資」ができる点は大きな魅力だと言えるでしょう。

プロミスには独自のサービスである「瞬フリ」と呼ばれるシステムがあり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があると土曜や日曜を含むお好きな時間に最速10秒で振り込みが可能となります。

*「瞬フリ」については公式ホームページにてご確認ください。

また、月々の返済額が少額からで受け付けてくれ、評判にもあったように銀行から自動で引き落としをしてくれるために返済忘れなどもありません。

さらには、限度額内であれば再審査などもなく、申し込み不要で借りることができる点も大きな魅力だと言えるでしょう。

限度額が50万以内なら免許証のみで契約ができ、カード不要を選べば郵送物や電話不要での契約も可能となります。

*プロミス以外の貸金業者からのお借入れがある方は源泉徴収などが必要な場合もあります。

他社に比べて手続きが簡単なのは非常にうれしいですね。

プロミスのデメリット

プロミスのデメリットとしては

金利が銀行のカードローンに比べると高い
総量規制の対象となる

と言った点が挙げられます。

あくまで銀行のカードローンと比べてということですね。

例えば2016年3月現在の金利を見たときに、

 

金融機関名 金利(実質年率) 遅延損害金
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 19.9%
プロミス 4.5~14.6% 20.0%
アコム 4.7%~18.0% 20.0%

となっています。

他の消費者金融と比べるとプロミスの金利は低く設定されていますが、銀行のカードローンよりは金利が少し高い点は注意ですね。

また、消費者金融ですので、年収の3分の1を超える額の借り入れが出来ない点にも注意しましょう。

女性のためのカードローンプロミスレディースの評判

女性のためのカードローンである「プロミスレディー」

実際に利用した人の評判をみてみましょう。

氏名(ハンドネーム可能)・住んでいる地域・年齢・職業・年収・ご利用されたカードローン

舟橋ゆう 埼玉県  50歳  クリーニング店勤務(パート) 120万円  アコムレディース

その会社を選んだ理由

アコムレディースにした理由ですが、まずカードローンと連想してすぐにアコムが思い浮かんだからです。テレビCMでもおなじみですし、安心感がありました。また、レディースローンがあって女性の方に相談できるというのもよさそうだったからです。

カードローンを利用しようと思ったきっかけをできるだけ詳しく

子供が私立の高校に行くことになりました。その時の学費の工面でこれまでの貯金だけでは足りなくなってしまったんです。そこでお金をどこからか借りなければいけないなと思いました。最初は銀行からお金を借りられればいいなと思ったのですが、私のようなパートでそれほど収入がない人だと審査に落ちる可能性が高いのではないだろうかと思いました。また、銀行だと知っている人に会う可能性もあります。そういったことを踏まえたうえで消費者金融のカードローンを利用しようと思いました。

申し込む際に提出した書類

健康保険証

実際に借り入れるまでの手続きを含めた流れをできるだけ詳しく

アコムの方に直接電話をして女性オペレーターの方と手続きを進めました。健康保険証は携帯電話で撮影して送りました。審査結果が出たのが、手続きをしてもらって1時間ほどのことでした。それから指定口座にお金を振り込んでもらってすぐにお金が借りられるようになりました。

返済の手続きを含めた流れをできるだけ詳しく

返済は35日ごとに設定しました。少しでも返済期日が長くなって楽に返済できると思ったからです。実際に返済は楽で、提携ATMで返済期日前に1万円ずつ返済をしていき問題なくすべて支払いをすることができました。

プロミスレディースの特徴

プロミスレディースもプロミス本体と同様の魅力てなサービスが存在しています。

具体的には

最短30分で即日融資も可能

瞬フリ

プロミスのATMおよび三井住友銀行ATMの手数料が無料

といった点です。

瞬フリについては以下の記事をご参照ください。

そもそもプロミスとプロミスレディースは何が違うの?

サービス内容には実はほぼ違いはありません。

プロミスは男性スタッフが対応することもあるようですが、プロミスレディースは女性のスタッフが対応するという違いぐらいなんですね。

プロミスカードローンの返済方法とイメージ

お金を借りる時のことばかりでなく、返す時のことも知っておきたいですね。

プロミスカードローンで借入をした後の返済方法としては

・ATM・CD(自社)

・ATM・CD(提携金融機関)

・ATM・CD(コンビニエンスストア)

・口座振り込み

・店舗窓口

・口座自動引き落とし

があります。

この中でもプロミスと三井住友銀行での取引には手数料がかからないので積極的に利用したいものです。

借入のことなども考えると、三井住友銀行の口座自動引き落としが便利だと言えるでしょう。

返済方式としては残高スライド元利定額返済方式を採用しています。

ほとんどの人が初めて聞く言葉だと思います。

残高スライド元利定額返済方式というのを非常に簡単に表すと「残高の元金によって月々の支払金額が変動するシステム」となります。

全然簡単じゃないですね。

例えばですが、借入金額が100万円より大きく150万円以下の場合は月々3万円が最低金額、50万円より大きく100万円より小さい場合は月々2万円というように元金が減るにつれて月々の最低支払金額が変動していきます。

*あくまでの例えです。

このような最低支払金額は「約定額」と言い、金融機関によってその額が変わってきます。

プロミスの場合、借入額が10万円なら4000円、20万円なら8000円、30万円なら11000円、50万円なら13000円といった感じになります。

この方式のメリットは、毎回の返済額が少額になるため、借入をした人の負担が少ないという点でしょう。

逆にデメリットとしては毎回の返済額を少なくした場合は元本の返済額も少なくなるわけなので、その分返済期間が長期化する可能性があるという点です。

返済回数は借入額が30万以内なら36回まで、30万より大きく100万円以下なら60回、100万円を超えたら80回までという制限はあります。

繰り上げ返済ができると二重宇の面でお得!

プロミスは繰り上げ返済が無料でできます。

繰り上げ返済というのは毎月決められた額より多くの額を返済することを言います。

その多く支払った分は元金返済にあてられるため、元本が減り、利息も減っていきます。

少しわかりにくいのですが、要はたくさん返せば返済期間を短くすることができるというわけです。

要は、たくさん返せばそれだけ返済期間も短くなり、返済額そのものも少なくて済むというお話ですね。